sonar HRテクノロジーが発信する、
採用と人事の情報メディア

採用ノウハウ

- Recruit -
採用ノウハウ

キャリア採用とは?ポイントや中途採用との違いやキャリア採用に適した3つの職種

優秀な人材を確保しようと、キャリア採用に注力している企業が増えています。
今回はこのキャリア採用について、よくある「キャリア採用って何?」「中途採用と何が違うの?」「どのようなメリットがあるの?」などのお悩みにお答えします。
キャリア採用の概要をはじめ、中途採用との違い、導入するメリットの他、キャリア採用に適した職種もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリア採用とは

キャリア採用とは、就業したことがあり、かつ業界・職種・職務について一定の知識や経験を有している人材を確保するための採用手法です。たとえば、経理職に新たな人材が必要なとき、法人における経理経験がある人物の採用に注力するのであれば、それはキャリア採用といえます。

キャリア採用と中途採用の違い

「キャリア採用と中途採用は同義」と思われがちですが、実はこの2つは採用ターゲットが異なることが少なくありません。というのもキャリア採用という言葉は、中途採用の中でも特に優れたキャリアを持つ人材を獲得するために、中途採用からあえて差別化する言葉として使用され定着したと言われているためです。

したがって下記のように、キャリア採用という言葉は中途採用よりもより狭義に用いられている場合があります。

中途採用就業したことがある人材を採用する(未経験者採用・第二新卒採用も含む)
キャリア採用就業したことがある、業界・職種・職務の経験者を採用する(未経験者採用・第二新卒採用は含まない)

企業として一定の知識・経験を有した人材を募集するのであれば、中途採用と言う代わりにキャリア採用と表記したほうが、応募者にも意図が伝わりやすかったり、魅力的なキャリアを有する人材に注目されやすかったりするかもしれません。

ぜひ、自社の採用目的が伝わる用語を選ぶようにしてください。

キャリア採用が注目される要因

キャリア採用が注目される要因には、転職市場に即戦力人材が増えたという点が挙げられます。

今は、求職者の終身雇用に対する意識が薄れ、転職が当たり前になっている時代です。現に、求職者側にも「スキルアップを図れる企業に転職し、自らの市場価値を高めること」を重視する価値観が広まりつつあります。これにより、転職市場には一定の知識・経験を有した人材が増えており、企業としてはかつてに比べ即戦力となる人材を確保しやすくなっているのです。

またこれと合わせて、近年ジョブ型雇用に代表されるような専門職採用が新卒・中途に広がりつつあることも押さえておきたいところです。

このほか、中途採用の再定義もキャリア採用が注目されている要因といえます。たとえば、外資系企業やベンチャー企業では成果に応じた働き方が重視されており、それに伴い社員に裁量権を与えていることがほとんどです。しかし、これはすべて社員に該当するとは限らず、裁量権は成果を出せる優秀な人材にこそ与えられます。そのため、こうした人材を中途採用において他の採用とは区別して募集するため、キャリア採用に注目が集まったと考えられます。

キャリア採用のメリット

キャリア採用を実践することで得られるメリットには、主に以下の3つがあります。

1.即戦力を採用できる

キャリア採用では就業したことがあり、かつ一定の知識・経験を有した人材を確保します。これは、いわば企業にとって即戦力となる人材を採用できるということです。そのため、入社してすぐの活躍が見込め、事業目標の早期達成が期待できます。

競合他社よりも素早く事業を成長させることは、企業にとって大切なポイントです。その点に大きく貢献できるのは、キャリア採用ならではのメリットといえます。

2.社外のノウハウが蓄積される

キャリア採用で確保した人材は、現場で役立つ知識・スキルのほか、これまでに勤務した企業のノウハウも備えています。つまりキャリア採用を通じて、このノウハウ(=社外の発想)を自社の新たな考え方・価値観として蓄積することができるのです。

テクノロジーの発展が著しい昨今、従来の考え方・価値観に固執していると時代の変化に追いつけなくなり、企業としての成長がストップしてしまう可能性があります。キャリア採用は、こうした事態を防ぐ方法のひとつになり得るというわけです。

3.教育面でのコストがかからない

上述のとおり、キャリア採用の場合は一定の知識・経験を有した人材を確保するため、業界の基本情報やルール、職務の進め方などを一から教える必要がありません。もちろん、企業理念や経営戦略、業務にかかわるツールの運用方法や社内ルールについては共有・教育する必要がありますが、業務にかかわる基本的なスキル・ノウハウは改めて教育するまでもない人材ですので、教育にかかるコストをグッと抑えることができます。

キャリア採用に適した代表的な3つの職種

キャリア採用に適しているのは専門性の高い職種です。具体的には、主に以下の3つがあります。

1.営業

営業は、いわば人の心を相手にする職種です。成果を出すには、研修を受けたり生半可に経験したりするだけでは身につけられない、優れたコミュニケーション能力や作法が必要になります。
一から営業職を育てると、これらのスキルを身につけるまでには膨大な時間とコストがかかります。また、すべての人材に営業職の適性があるとは限らないので、場合によっては教育の工数が無駄になってしまうことも考えられます。

その点、営業としての根幹が完成している人材を採用できれば、入社後すぐに活躍しスムーズに成果を出せる可能性があります。企業の売上に直結する職種でもあるため、キャリア採用のニーズは高いと言えるでしょう。

2.人事・財務・法務

人事の業務で不可欠な「優秀な人材かどうかを見抜く能力」は、現場経験を数多くこなすことで初めて得られます。また、経営戦略を踏まえた人員計画の立案や実行も、経験がない人にとっては範囲度の高いものです。そのため、人事はキャリア採用によって経験者を確保するほうが、業務を軌道に乗せやすいといえます。

財務は、資金調達や予算計画の立案実行といった企業の根幹を担うポジションで、業務を遂行するには専門的な知識・スキルが必要です。したがって、財務についてもキャリア採用で経験者を取り入れるのが堅実です。

法務については、コンプライアンスが重視されている現代だからこそ、万が一に備えてこれまで以上に注力する必要があります。そのためには、当然基本的な法律知識を持つことを前提に、過去の事例やリスク回避の方法を熟知している人材が必須なので、未経験者に任せるには少なからずリスクが伴います。したがって、キャリア採用が適しているといえるでしょう。

3.SE・プログラマー

SE・プログラマーは、業務を行う上で専門的な知識・スキルを必要とするものの、未経験者でも始められる職種です。しかし、実際の業務では単にコードを組むだけでなく、ほかの社員やクライアントとコミュニケーションを取ったり、スケジュール管理を行ったりすることもあります。こうした顧客対応の適性は、業務の安定的な遂行を左右します。

また企業が求めるプログラミング能力は年々高まっており、システムの特長や重視すべきポイントを理解して開発に当たることができるか、最新の技術を日々学び実践することができるか、といった要素も重要度を増しています。これらの点から、SE・プログラマーにおいてもキャリア採用での人材確保が適しているといえます。

キャリア採用を成功させるポイント

キャリア採用を成功させるには、以下のポイントを留意することも大切です。

求める人物像の明確化求める知識・経験・スキルのほか、価値観や志向性なども明確に言語化するようにしましょう。
企業情報の発信人材募集に関する情報(求める知識・経験・スキルや業務内容 など)と合わせて、選考方法や企業の雰囲気など、求職者の興味を惹くような情報も発信するよう心掛けましょう。
求職者の意向を聞くこれまでの実績と合わせて、転職した理由や仕事に対する価値観、入社後の意向(どのように活躍し、どう成長していきたいか など)も聞き出すようにしましょう。

ただ単に「キャリア採用を実施している」という旨を発信するだけでは、優秀な人材を確保することはできません。まずは、求める人物像の興味を惹くような情報発信を心掛けて、母集団を形成することに注力しましょう。例えばエンジニアを採用したい場合、エンジニアが働きやすくスキルアップしやすい職場環境をSNSで発信したり、定期的にハッカソンを開催してエンジニアと日ごろから接点を持っておくなどといった施策が考えられます。

その上で応募があった際には、スキルや経験などを見抜く選考フローや評価基準を準備するだけでなく、求職者自身のキャリア意向にも耳を傾ければ、長期的に自社で活躍してもらえる人材かどうかを判断しやすくなり、採用後のミスマッチを防ぐことにつながります。

まとめ

少子高齢化の進行により労働人口がますます減少すると考えると、今のうちから優秀な人材を確保することは、事業を軌道に乗せる上で、ひいては企業を存続させる上で重要な鍵となります。

キャリア採用は、即戦力となる優秀な人材を確保する上で最適な採用手法です。しっかりとした経験を持つ人材を求めているのであれば、キャリア採用を積極的に行うことをおすすめします。

この記事をシェアする

この記事の著者

sonarTimes 編集部
1000社以上にご導入された採用管理システム「sonar ATS」を展開。その知見をもとに、企業の採用・人事・経営にかかわるすべての人に最新の情報をお届けします。