sonar HRテクノロジーが発信する、
採用と人事の情報メディア

採用ノウハウ

- Recruit -
採用ノウハウ NEW

採用動画の効果・メリットとは?求職者に響く内容にするポイントとともに解説

昨今、自社の情報を映像でまとめた「採用動画」を活用する企業が増えています。しかし、中には「どういう効果が見込めるのか」「どう制作するのか」と疑問を抱いている企業もあるでしょう。

そこで今回は採用動画にフォーカスし、その概要や注目が集まっている背景、効果・メリットについてご紹介します。あわせて、採用動画を制作する際のポイントも解説しているので、ぜひご参考にしてください。

採用動画とは?時代に適応した採用ツールを知ろう

採用動画とは、企業理念や業務内容、仕事の風景など、企業の情報をまとめた動画のこと。文字だけでは伝わりづらい情報をわかりやすく発信できます。たとえば、企業の普段の様子を映像で撮影すれば、社員の話し声や笑い声も記録されるため、自社の雰囲気をより詳細に届けることができます。
このほか、動画を用いた採用活動を中心に進める場合は、パンフレットを大量印刷したり説明会の会場を予約したりする必要がないため、コストを削減することも可能です。

採用動画に注目が集まっている背景

採用動画に注目が集まっている背景には、新型コロナウイルス感染症の拡大とPCやスマホを使った情報収集・動画閲覧の当たり前化が関係しています。

三密を避けなければならなくなった昨今、多くの企業が採用活動をオンライン化するようになりました。くわえて、今は若年層に限らず、全年代でPCやスマホを使った情報収集・動画閲覧が当たり前になっています。実際、SNSに表示される求人広告を見て企業に興味を持ったり、企業のホームページやSNSに目を通して企業理解を深めたりする人は少なくありません。
また、MMD研究所が行った調査によると、全体の80%以上が1日のうちにYouTubeを視聴していることがわかります。さらに、株式会社プルークスの調査では「採用動画を見た学生は企業志望度が上がる傾向がある」という結果が出ています。

この背景から、時代に合った採用活動、そして求職者に寄り添った採用活動を実現するため、YouTubeを含むSNSを活用した採用動画が注目されていると考えられます。

参照:1日の平均的な視聴が最も多い年代 テレビは60代が94.7%、YouTubeは10代が98.0%、動画配信サービスは20代が69.2%|MMD研究所
   採用動画を見たことがある就活生は7割超。動画視聴により6割の就活生が志望度上昇~『就活生のスマートフォン利用動向と採用動画に関する調査』:プルークス×レバレジーズ|新卒採用.jp

手間なく有効な採用活動ができる!採用動画の効果・メリット

では、採用動画を活用することには、具体的にどのような効果・メリットがあるのでしょうか。

企業の情報を求職者にわかりやすく届けられる

上述のとおり、採用動画では企業の情報を文字だけでなく映像・音声でも表現できます。そのため、文字数の多いパンフレットを熟読してもらうよりも、はるかに理解を深めてもらいやすいでしょう。

また、言葉や写真だけでは届けるのが困難な情報が伝わりやすいのも採用動画の魅力です。
たとえば「チームワーク抜群の企業です」と文章で伝えたとしても、それだけでは何の確証もありません。しかし、実際にチームで仕事を進めている様子を採用動画で届ければ、それが確証となるので、求職者の疑問や不安を払拭する効果が期待できます。

マッチングの精度を引き上げられる

従来の採用媒体(例:求人広告)の場合、基本的に文字と画像だけで企業の情報を発信する必要があり、さらには文字数や画像数に制限が設けられていることもあります。そのため、具体的な業務内容や企業の雰囲気が伝わりづらくなり、応募者と企業の認識に相違が生じるケースも珍しくありません。こうしたミスマッチは、選考・内定の辞退や入社後の早期離職につながる可能性があります。

その点、採用動画なら上述のとおり、企業の情報を求職者にわかりやすく届けられるので、応募者と企業におけるマッチングの精度を引き上げやすくなります。

自社のSNSで活用できる・SNSで拡散されやすい

採用動画は、自社のホームページや採用サイトに掲載できるのはもちろん、自社のSNSにも投稿できます。たとえばSNSに投稿すれば、顕在層(就職活動中の学生や転職活動中の求職者)のほか、潜在層(転職意欲はあるものの本格的な活動はまだ行っていない人)にもアプローチしやすくなります。

また、Twitterなど拡散されやすいSNSに採用動画を投稿すれば、それがフォロワーのフォロワーへとどんどん広がることもあります。上述のとおり、昨今はSNSで企業の情報を得る求職者も多いため、SNSに採用動画を投稿すれば効率よく人材を確保できる可能性があります。

求職者の心を掴む内容に!採用動画を制作する際のポイント

採用活動を制作する際は、以下でご紹介する5つのポイントを留意することが大切です。

1.採用動画を制作する目的を明確にする

採用動画を制作する際は、まずその目的を明確にすることが大切です。具体的には「採用動画を通じて、どのような成果を出したいのか」を考える必要があり、たとえば「自社の魅力を十分に届けられる」「効率よく母集団を形成できる」「ミスマッチを未然に防げる」などが挙げられます。
こうした目的を明確にすることで、採用動画のターゲット・内容を考えやすくなり、ひいてはより有意義な動画に仕上げやすくなります。

2.採用動画を届けたいターゲットを明確にする

採用動画を届けたい人物(=求める人物像・ターゲット)を明確にすることも大切です。なぜなら、ターゲットを明確にしていないと、伝えたい情報が定まらなくなる可能性があるからです。
また、職種・性別・年齢などによって求職者の興味関心は異なり、その内容を踏まえて制作した採用動画でなければ十分な効果は見込めません。そのため、ターゲットの明確化は必須といえます。

3.目的・ターゲットを踏まえて動画の種類を決める

採用動画にはさまざまな種類があり、たとえば「企業紹介動画」は、まず会社のイメージ・全体像をざっくりと伝え、認知度の向上や母集団の形成につなげたいときに効果的です。このほか「インタビュー動画」は社員の体験談を通じた仕事への興味喚起につながりますし、「説明会動画」は会社や職種の概要などを網羅的に説明することで求職者の理解促進が期待できます。
このように、動画の種類によって期待できる効果は異なるため、あらかじめ明確にした目的・ターゲットをもとに決めるようにしましょう。

4.自社ならではの魅力が伝わる内容にする

求職者は複数の企業を比較・検討したのち、最終的に応募する企業を選びます。そのため、採用動画は競合他社と被らない、自社ならではの魅力が伝わる内容にすることが大切です。
もし内容に独自性がなければ、動画を見てもらえてもすぐに離脱される恐れがあります。また、競合他社に負けてしまう可能性もゼロではありません。こうした事態を防ぐためにも、採用動画は「自社だからできる仕事」「自社ならではの雰囲気」など独自の魅力が伝わる内容にしましょう。

5.自社のリアルな一面を組み込む

採用動画には「社員が活躍している姿」や「社内の環境・雰囲気」など、自社のリアルな一面が伝わる内容を組み込むことも大切です。外側からはわからない本来の様子を届けることで、企業と求職者のミスマッチを防ぎやすくなり、ひいては採用動画を通して求める人材を確保しやすくなります。

採用動画の制作を外注!その際の注意点を押さえよう

採用動画の制作を外注する場合は、いくつか注意点があります。

採用映像の制作を委託できる会社は、主に「動画制作会社」と「採用コンサルティング会社」の2つ。それぞれで委託できる業務は異なるため、事前にどこまで外注するかを決めておきましょう。
たとえば、映像制作だけを任せたいのであれば、動画制作会社で十分といえます。一方で、採用活動全般についても相談したいのであれば、採用コンサルティング会社を利用するのがおすすめです。

このほか、十分な実績や知見を備えているか、どんなサービスがどれくらいの費用でできるのかなどを明確にすることで、適した外部企業を選ぶことができます。

まとめ

採用活動がオンライン化し、PCやスマホを使った情報収集・動画閲覧が当たり前になった今、採用動画は新たな人材を確保する上で欠かせないツールといえます。「企業の情報を求職者にわかりやすく届けられる」「マッチングの精度を引き上げられる」などの効果・メリットも期待できるため、今回ご紹介したポイントを参考に、自社ならではの採用動画をぜひ制作してみてください。

もし「いきなり長尺の動画を制作するのは難しい」「長尺の動画だとコストが予算に見合わない」などとお悩みであれば、ファーストステップとして短尺の動画を制作するのも一計です。

たとえば、Thinkings株式会社の「MOVE LETTER」は、動画の制作機能と配信・管理機能がひとつになった採用特化型の動画ソリューションです。素材(動画・画像)とテキストをお送るだけで、オリジナルの採用動画を手に入れることができます。
たとえば「エントリーしてもらったものの選考辞退されやすい」という課題がある場合には、「エントリーに対する数十秒のお礼動画」を作り、エントリーしてくれた人へメールと一緒に動画URLを送ることで、求職者に好印象を持ってもらえる可能性があります。このほか、会社説明会の日程を公開した際に送る「説明会の概要を伝え予約を促す動画」など、さまざまな短尺動画が制作できます。

このように、使い方次第では長くて充実した動画がよい場合も、短尺動画ならではのメリットがある場合もあります。どんな動画が自社の採用にふさわしいか、この機会にぜひ検討してみてください。

この記事をシェアする

この記事の著者

sonarTimes 編集部
1000社以上にご導入された採用管理システム「sonar ATS」を展開。その知見をもとに、企業の採用・人事・経営にかかわるすべての人に最新の情報をお届けします。