sonar HRテクノロジーが発信する、
採用と人事の情報メディア

その他ノウハウ

- Others -
その他ノウハウ NEW

人脈を広げるにはどうすればよい?起こすべき5つのアクションをご紹介

どのような場面でも「人とのつながり」は重要です。とくにビジネスシーンでは、自分自身を成長させるため、そして企業をさらに発展させるために、人脈を広げることが大切になってきます。

そこで今回は、人脈を広げるメリットとともに、人脈を広げる5つのアクションについてご紹介します。あわせて、人脈を広げる上での注意点も解説しているので、ぜひ 参考にしてみてください。

まず理解しておこう!人脈を広げることで得られるメリット

ひとりのビジネスパーソンとして人脈を広げることには、さまざまなメリットがあります。

1.さまざまな情報に触れて視野を広げられる

限られた情報しか収集できない(持っていない)上に、考え方や価値観が固定されたままでは、何らかの課題にぶつかったときに解決できなくなる可能性があります。

人脈を広げて「異なる業界の人」や「自分にはない考え方を持つ人」と交流すれば、自分ひとりでは得られないようなさまざまな情報に触れることができます。また、新しい価値観や視点と出会えることもあり、その場合は自らの視野をグッと広げられる可能性も考えられます。これらにより、従来の自分にはなかった発想をしやすくなるでしょう。

2.ビジネスチャンスを掴みやすくなる

ビジネスチャンスは、さまざまな人からの情報やアドバイスによって得られることもあります。そのため、人脈を広げればビジネスチャンスの機会を得られる可能性が高くなるといえます。

ビジネスチャンスを逃さなければ、事業のさらなる発展や企業そのものの成長が見込めることもあるので、人脈を広げるに越したことはありません。

3.困ったときにサポートしてもらえる

ビジネス・プライベートを問わず、自分ひとりでは解決するのが困難な問題や課題にぶつかることは珍しくありません。どんな人にも得意・不得意があるので当然です。

しかし、人脈を広げておけば、問題や課題に直面したときに アドバイスをもらえたり、実際に助けてもらえたりする可能性があります。またその逆も然りで、困っている相手を 自分が助けてあげられることもあるでしょう。こうした「助け合える信頼関係」ができれば、より質の高いビジネスの成功につな がります。

ぜひ実践してみて!人脈を広げる5つのアクション

では、実際に人脈を広げるにはどうすればよいのでしょうか。以下で、代表的な5つのアクションをご紹介します。

1.イベントや交流会に参加する

昨今、定番の同業種(異業種)交流会のほか、出勤前に運動や勉強をする朝活など、さまざまな集まりが開催されています。このようなイベントや交流会には、人脈を広げたいと思っているビジネスパーソンが多く参加している傾向にあります。そのため、自分自身も積極的に参加することで自ずと人脈を広げられる可能性があるのです。

とはいえ、中には「交流会・イベントへの参加はハードルが高い」という方もいるかもしれません。その場合は、「女性限定」「起業志望者限定」「経営者限定」など参加条件が明確な交流会・イベントを選ぶのがおすすめです。どういう人たちの集まりなのかが明確なため、気持ちの準備がしやすく、比較的参加しやすいでしょう。

2.学生時代の友人・知人と交流する

このほか、学生時代の友人・知人と交流するのも一案です。自分から連絡してみるのはもちろん、同窓会があるなら参加するのもよいでしょう。久しぶりにコミュニケーションを取ることで、思いもよらないビジネスチャンスを掴める可能性があります。

また、友人・知人を介してさらに人脈を広げられる可能性もあります。この場合、間にお互いの知り合いが入るので不安を感じることが少なく、良好な関係を築きやすいといえます。

3.仕事に無関係の集まりに参加する

仕事関連のイベントではなく、サークルや習い事など、個人的な趣味の集まりに参加するのも有効です。参加者の多くは「趣味を楽しむこと」を目的としているため、期待したような出会いがあるとは限りませんが、場合によっては思わぬビジネスチャンスにつながることもあります。

たとえばチャリティーイベントの場合、寄付だけでなく、参加者同士の交流も目的として開催していることがあります。また、チャリティーイベントは主に社会貢献の一環なので、ほかのイベントに比べて「参加しやすい」と感じる人が多い傾向があります。そのため、興味・関心のある分野のチャリティーイベントに参加することは、人脈を広げる上で効果的と考えられます。

4.SNSを活用する

人脈を広げるためには、人と会うだけでなく、SNSを活用するのもおすすめです。SNSなら家にいながら、あるいはすきま時間を利用して、世界中の人々とつながることができます。また、仕事用・趣味用とアカウントの使い分ければ、より多様な価値観の人と出会いやすくなるでしょう。

中にはビジネスに特化したSNSもあるので、SNSそのものを使い分けることで、より効率的に人脈を広げられる可能性もあります。

ただし、SNSで人脈を広げるには自分自身をアピールする必要があります。たとえば、「この人とつながりたい(関わりを深めたい)」と思ってもらえるような投稿を心掛けることが大切です。また、つながりたい人に自らメッセージを送る積極性も欠かせません。待っているだけ では人脈を広げることはできないので、その点は理解しておきましょう。

5.自らが常連となるお店を作る

飲んだり食べたりするのが好きな方なら、常連のお店を作るのも一案です。店主と交流を深めておけば、ほかのお客さんを紹介してもらえるかもしれません。また、自らほかのお客さんと交流することもできるので、人脈を広げる方法として効果的といえるでしょう。

交流会やイベントの場合、一度つながった人とまた会う機会を作るのは難しいものです。しかし、お互いに常連のお店なら何度も顔を合わせやすく、そのうちプライベートな相談もできるほど深い仲になれる可能性があります。自宅やオフィスの近所に気になるお店があれば、ぜひ通ってみてはいかがでしょうか。

あわせて要チェック!人脈を広げる上での注意点

人脈を広げる際は、以下でご紹介する注意点をあらかじめ押さえておくことが大切です。

「 どのような人と親しくなりたいのか」を明確にする

親しくなりたい人物像 を明確にせず、さまざまな人と交流を深めた場合、その多くが顔見知りでストップする可能性があります。そのため、 前述したようなメリットを得るには、まず「どのような人と 親しくなりたいのか」を明確にすることが大切です。

「自分が思い描くキャリアプランを実現している人」「同じ業界で活躍している人」などと親しくなりたい人物像を定めれば、行くべき場所や会うべき人が 明確になるため、無駄なく人脈を広げることができます。

一人ひとりと真摯に向き合う

人脈は、信頼関係があってこそ成立します。そのため、たとえば異なる業界の人や自分にはない考え方を持つ人と知り合った際に、上辺だけで付き合うのは望ましくありません。「相手にとって自分はどんな存在になれるかを考える」など、真摯に向き合うことが大切です。

お忘れなく!人脈を広げるには自分磨きも必須

効率よく人脈を広げるには、自分自身を磨くことも欠かせません。なぜなら、相手に「また会いたい」と思ってもらうことではじめて、よい関係性を築くことができるからです。

これを実現するには、たとえば自分が持っている知識やスキルを磨く必要があります。そうすることで自分の価値がさらに高まる ため、多くの人から評価され、求められるようになるでしょう。

また、悩みを抱えている人や問題・課題に直面している人がいたら、手を差し伸べる姿勢を持つことも重要です。そのような人柄であれば自然と人脈が広がるほか、自分が困ったときに力を貸してもらえる可能性が高まります。

このように、自分自身を磨き上げることで、より効率的に人脈を広げられるようになります。そのため、人と会うことだけに専念するのではなく、自分と向き合うことも忘れてはいけません。

まとめ

人脈を広げることは、ビジネスパーソンとしての成長につながります。 自らの情報量を増やすとともに、問題・課題の解決策を得ることができる ため、人脈を広げるために行動したい 方は、今回ご紹介した5つのアクションをぜひ実践してみてください。

この記事をシェアする

この記事の著者

Avatar photo
sonarTimes 編集部
1000社以上にご導入された採用管理システム「sonar ATS」を展開。その知見をもとに、企業の採用・人事・経営にかかわるすべての人に最新の情報をお届けします。