sonar HRテクノロジーが発信する、
採用と人事の情報メディア

その他ノウハウ

- Others -
その他ノウハウ

経営幹部に必要な知識・スキルとは?効率的に育成するポイントを押さえよう

企業が今以上に進化し、さらなる発展を遂げるには、経営者をサポートする存在として経営幹部の存在が不可欠です。しかし、中には「経営幹部の役割は何なのか」「どのような能力を備えた人材が適しているのか」などの疑問から、幹部人材の登用に踏み切れずにいる企業もあるでしょう。

そこで今回は、経営幹部の役割・管理職との違いとともに、経営幹部に必要な6つの知識・スキルについてご紹介します。あわせて、経営幹部を育成する際のポイントも解説しているので、ぜひご参考にしてください。

成果を出すための策を考える!経営幹部とは

経営幹部とは、企業の業務執行権を持っている、取締役や執行役のこと。誰でも就任できるわけではなく、企業の成長・発展に貢献できるような“優秀な人材”が務めるのが一般的です。

経営幹部の主な役割は、企業の事業を包括的に捉えて、利益・成果を出すにはどうすればよいか考えることです。また、企業の将来に関わる決断を下すこと、そして経営者が最終的な判断を下す際にサポートすることも、経営幹部の役割といえます。

どれほど優秀な経営者でも、専門外の領域に対する意思決定を求められたり、判断する上で必要な情報が不足していたりすると、誤った決断をしてしまう可能性はゼロではありません。そのため、企業にはすべての事業を把握し適切な判断ができる経営幹部が必須といえます。

経営幹部と管理職は何が違う?


経営幹部と類似する言葉に「管理職」があります。同じ意味だと認識している方もいるかもしれませんが、実はこの2つの言葉が指す意味・役割は異なります。

経営幹部は上述のとおり、企業の業務執行権を持っている、取締役や執行役のことです。特定の部署や業務に限定せず、広い視野を持つことが求められます。
一方で管理職は、担当している部署の業務を最適化する人材のことです。ほかの部署と連携することもありますが、最終的な職責が担当部署の範疇を超えることはありません。そのため、管理職の場合はひとつの部署・業務と向き合う姿勢が求められます。

つまり、経営幹部と管理職では「担っている部署・業務の範囲」に相違があるといえます。

何が求められる?経営幹部に必要な6つの知識・スキル

では、経営幹部にはどのような知識・スキルが求められるのでしょうか。以下で、とくに必要とされる6つをご紹介します。

1.経営に関する知識

経営幹部には、社会や経営に関する幅広い知識が求められます。また、企業を包括的に捉えて戦略的な組織を設計するために、経営的な視点も持たなければなりません。なぜなら上述のとおり、経営幹部は経営者が最終的な判断を下す際にサポートをしなければならないからです。
経営に関する知識・経営的な視点を備えていない場合、経営幹部として自らの役割を果たせなくなります。これでは元も子もないので、財務に関する知識や情報セキュリティの知識など、会社経営にかかわる広い知識について日頃から学ぶ必要があるといえます。

2.未来を見据える力

経営幹部には、未来を見据える力(企業の未来について考える先見性)も求められます。この力があれば、競合他社よりも早く“利益・成果を出すための行動”を起こしやすくなり、ひいては企業の業績を高めることができます。また、何らかのトラブルや不調が起こったとき、そして慎重かつ適切な判断が必要なときに、余裕をもって意思決定することも可能です。

3.問いを立てる能力

自社の商品やサービスが必ずしも売れるとは限りません。しかし、だからといって競合他者の商品・サービスを真似ると価格競争になり、安定して利益を得られない可能性があります。
長く生き残れる企業になるには、今までなかった新たな価値を顧客に提供する必要があり、そこで経営幹部に求められるのが、常識を疑ったり社会のニーズに疑問を抱いたりする「問いを立てる力」です。この能力が備わっていれば、新たな価値を見出しやすくなるでしょう。

4.速やかに意思決定する能力

日頃から問題が発生しないよう気をつけていても、何らかの事故が起きたり、社員が不祥事を起こしたり、顧客からのクレームをもらったりすることもあるでしょう。経営幹部には、このような問題が発生したときに素早く対処し、意思決定を下して結果を出す能力も求められます。
経営幹部の判断によって、企業の未来が変わってしまう可能性はゼロではありません。そのため、上述した知識・能力をもとに適切な意思決定を速やかに行うことが重要です。

5.対人関係能力

部署やチームのまとめ役を担うことも多い経営幹部には、対人関係能力(ヒューマンスキル)も求められます。具体的には、コミュニケーション能力やヒアリング力、交渉力などが挙げられます。
対人関係能力が備わっていない場合、クライアント・顧客や競合他社との関係を維持できなくなる可能性があります。これでは企業を進化・発展させるのが困難となるため、対人関係能力は必ず身につけておくべきスキルといえます。

6.リーダーとしてのマインド

企業の経営は、経営幹部の能力だけでなく、人格や価値観によっても左右されます。そのため、経営幹部は時として、自己の欲求を抑えて組織を優先させなければなりません。つまり、「自らが企業の成長を担っている」というリーダーとしてのマインドが求められるというわけです。
このマインドがあれば、社員からの信頼を得やすくなり、進化・発展に向けた施策を実行しやすくなります。

流れとあわせて押さえよう!経営幹部を育成する際のポイント

優秀な経営幹部を育成するには、以下でご紹介するポイントを押さえておくことが大切です。

未来を見据えて育成の方向性を定める

経営幹部を育成する際は、あらかじめその方向性を明確にする必要があります。なぜなら、方向性を定めないことには育成計画を立てられないからです。
育成計画とは、「誰を・どのような内容で・どういう風に育成していくか」という計画のこと。5年後・10年後の自社を取り巻く環境を予測しながら育成計画を立て、具体的な方向性を決めることで、自社の未来を担うのに相応しい経営幹部を育てることができます。

経営幹部候補となる社員を選抜する

上述のとおり、経営幹部は企業の成長に貢献できる、優秀な人材が務めるのが一般的です。しかし、経営幹部には能力のほか、企業の経営を担う覚悟や志の高さも必須なので、社員の中から幹部候補を選抜する際はその片鱗やポテンシャルを見抜くことも重要です。

志の高さを見分ける際は、社員の言動や仕事ぶりをチェックしましょう。例えば、新事業に対するチャレンジ精神、部署・チームで解決すべき課題への当事者意識などがポイントになるかもしれません。
このほか、自らの今後のビジョンを語れたり、組織を作り上げる能力が備わっていたり、周囲に好ましい影響を与えていたりする社員も、経営幹部候補の素質があるといえます。

経営幹部候補を社員から選抜するには、企業に必要なリーダー像を明確にすることが大切です。そうすれば、能力・ポテンシャルの両方で適切な人材を選びやすくなるでしょう。

方向性をもとに育成の方法・内容を決める

方向性の明確化・幹部候補の選抜が終わったら、経営幹部を育成する方法とその内容を決める必要があります。具体的には、実際の業務を任せて、その経験によって成長を促すのが一例です。
ただし、経営幹部候補となる社員によって備わっている能力や強み・弱みは異なります。そのため、まずは1on1ミーティングを行い、対象となる社員について理解を深めるのがおすすめです。備わっている能力はもちろん、習得すべき能力も把握できるため、育成方法を決めやすくなります。

1on1ミーティングを通して、もし経営に関する専門的な知識の習得が必要だとわかったら、そのときは研修を実施するのが堅実です。経営に精通した外部講師による質の高い研修を受けることで、経営幹部候補として大きく成長できる可能性があります。

まとめ

経営幹部は、経営者をサポートし、企業のさらなる成長を図る上で欠かせない存在です。そのため、もし自社に経営幹部となる人材がいないのであれば、今いる社員の中から候補を選抜し、育成することをおすすめします。その際は、今回ご紹介した「経営幹部に必要な6つの知識・スキル」と「経営幹部を育成する際のポイント」をぜひご参考にしてください。

この記事をシェアする

この記事の著者

sonarTimes 編集部
1000社以上にご導入された採用管理システム「sonar ATS」を展開。その知見をもとに、企業の採用・人事・経営にかかわるすべての人に最新の情報をお届けします。