sonar HRテクノロジーが発信する、
採用と人事の情報メディア

人事ノウハウ

- Human Resources -
人事ノウハウ NEW

人材育成のよくある課題をご紹介!具体的な解決方法を押さえて成功へと導こう

企業の未来は、今いる社員の成長にかかっているといっても過言ではありません。そのため、人材育成は企業にとって重要な取り組みといえます。しかし企業によっては、人材育成を進める中でいくつかの課題に直面することがあります。

そこで今回は、人材育成の目的とともに、よくある5つの課題について解説します。あわせて、人材育成の課題を解決する方法もご紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

人材育成とは?まずはその目的を理解しよう

人材育成とは、業務に欠かせない知識やスキルを習得させることで、社員を「企業に貢献できる人材」に育てる取り組みのこと。最終目標は、育てた社員が経営戦略や業績向上を実現させること、そして経営やプロジェクトの責任者相当の役職に就き活躍することです。

人材育成の具体的な手法には、業務を通して必要な知識・スキルを学ぶ「OJT(On-the-Job Training)」や、現場を離れて研修・セミナーに参加する「OFF-JT」などがあります。

人材育成の目的とは

人材育成の目的は企業によって異なりますが、その多くは最終的に「生産性の向上」につながります。たとえば、人材育成の目的が「業務に欠かせない基本的な知識・スキルの習得」だった場合、育てた社員は習得した知識・スキルをもとに業務を効率よく進められるようになるので、結果として生産性が向上します。

また「専門性を高めること」も、生産性の向上につながる目的のひとつです。育てた社員の対応できる業務範囲が広がり、ひとつの業務に着手する社員の数が増えるため、その業務の生産性がグッと上がると同時に人手不足も解消できるでしょう。

このほか、人材育成の目的には「社員の退職防止」も挙げられます。
成長の機会がない環境だと社員のモチベーションが下がり、退職意欲が高まる可能性があります。その点、人材育成を通して学びの機会を与え、社員の働く意欲を掻き立てれば、退職を防止しやすくなります。また、人材育成によってスキルアップした社員は、仕事に対するやりがいを見つけやすくなるので、その影響で退職が減るケースも考えられます。

直面しているかも?!人材育成のよくある課題

人材育成に取り組むと、いくつかの課題に直面することがあります。いざというとき適切に対処するためにも、よくある5つの課題を把握しておきましょう。

1.目的・方向性が定まっていない

人材育成に取り組む際は、その目的や方向性を明確にすることが大切です。しかし企業によっては、目的や方向性を定めないまま人材育成を始めることもあり、これはよくある課題のひとつです。
おぼろげに人材育成を実施しても、自社にとって意味のある取り組みにはなりません。なぜなら、経営陣と社員の間に人材育成に対するズレが発生し、足並みがそろわなくなる可能性があるからです。この点から人材育成に取り組む際は、まず目的と方向性を明確にする必要があるといえます。

2.人材育成にかける時間を確保できない

人材育成を実施しようと計画を立てても、経営陣・社員が忙しく、なかなか着手できないことがあります。また、着手できたとしても、目の前の業務に追われてつい後回しになってしまうケースもあるでしょう。こうした状況も、人材育成のよくある課題のひとつです。
経営陣や社員のタスクに余裕がないことを理由に人材育成が疎かになると、その効果を満足に得られなくなります。そのため、人材育成に取り組む際は、そのために時間を確保することが大切です。

3.人材育成にかける費用を確保できない

人材育成を実施する場合、外部企業に外注するか否かを問わず、ある程度の費用がかかります。具体的には、研修費や講師費、会場のレンタル費、新規ツールの導入費などが発生します。そのため、企業は前もって人材育成にかかる費用を準備しなければなりません。
しかし、人材育成には「成果が出たかわかりづらい」という特徴があることから、企業によっては費用を確保するのが困難なケースもあり、これも課題として挙げられます。そのため、企業は限られた予算の中で、人材育成の効果をいかに高められるか考えることが大切です。

4.必要な知識・スキルが備わっていない

企業によっては、人材育成に取り組もうにも、育成に関する知識・スキルが不足していることもあります。この点も、人材育成のよくある課題のひとつです。
知識やスキルが不十分なまま人材育成を実施しても、満足な効果は見込めません。また、育成を受ける社員のモチベーションが低下する可能性も考えられます。そのため、企業は人材育成の実施に向けて、教育担当者の知識習得・スキルアップをサポートする必要があるでしょう。

5.育成される側の社員の意識が低い

人材育成を実践する上で、教育担当の経営陣・社員だけが一生懸命取り組んでも意味がありません。育成される側の社員の意識を高め、お互いに同じ方向を向くことで、人材育成の効果を得やすくなります。そのため、もし育成される側の社員のモチベーションが低いという課題があるのなら、育成方法を見直すなどして、改善に努める必要があります。

ぜひご参考に!人材育成の課題を解決する3つの方法

では、上述した課題を解決するにはどうすればよいのでしょうか。

現状把握をして人材育成の目的・ゴールを決める

「目的・方向性が定まっていない」という課題を解決したいなら、現状把握をして人材育成の目的・ゴールを決めることが大切です。具体的には、誰がどの部署でどのような業務に取り組んでいるのかを把握し、そこでの問題点や解決したいことを洗い出します。そうすれば、自ずと「なぜ人材育成をするのか」という目的が見えてくるため、その内容をもとにゴールを設定することで、教育担当の経営陣・社員と育成される側の社員が同じ方向を向けるようになります。
また、人材育成の細かいプランも立てやすくなるため、効率よく実践することができるでしょう。

e-ラーニングの導入・外部企業への委託を検討する

「時間・費用を確保できない」「知識・スキルが備わっていない」という課題を解決したいなら、e-ラーニングの導入・外部企業への委託を検討してみましょう。

eラーニングとは、インターネットを利用して知識・スキルを習得する学習形態のこと。インターネット環境とPCやスマートフォンなどの端末があれば一貫して学びの機会を提供できるほか、教材の印刷費や会場のレンタル費が不要なため、コストを抑えながら効率よく社員を育てられます。
外部企業とは、ここでは人材育成・研修・セミナーなどのサービスを展開する企業のことを指します。プロの講師による指導を受けさせられるため、高レベルな人材育成を実現しやすいでしょう。

e-ラーニング・外部企業を人材育成に活用すれば、時間や費用がなくても社員を育てることができます。また、教育担当の経営陣・社員を用意する必要もないので、知識やスキルが備わっていなくてもとくに問題ないといえます。

人材育成における評価制度を見直す

「育成される側の社員の意識が低い」という課題を解決したいなら、人材育成における評価制度を見直すことが大切です。

たとえば、育成される側の社員を成果のみで評価するケースでは、取り組み方は考慮しないということになります。この場合、成果がなかなか出ない社員は「どれだけ頑張っても無駄だ」と感じてしまう可能性があり、ひいてはモチベーションが低下することも考えられます。
これは言い換えると、熱心に取り組んでいる姿勢も評価するようにすれば、育成される側の社員のモチベーションを高められる可能性があるということです。そのため、社員の意識が低いようなら評価制度を見直すのも一案といえるでしょう。

なお、「評価のあり方と人材育成の関係」について専門家がより深く解説したコラムもありますので、こちらもご覧ください。
コラム記事:人事評価制度の作り方③評価項目・評価基準はどう決める?【第3回 人事のプロに聞く】

あわせて押さえておこう!人材育成を成功へと導くポイント

人材育成を成功へと導くには、育成される側の社員一人ひとりに合わせて教育することが大切です。なぜなら、それぞれが備えている知識やスキル、強み・弱みは異なるからです。
社員が人材育成を自分ごとと捉えられるようになると、成果が現れやすくなります。そのため、まず対象となる社員と面談を行い、どのような能力を備えているか確認しましょう。

このほか、「話題だから」「どの企業も実践しているから」などの理由で人材育成の手法を選ばないことも大切です。先述したように選んでしまうと、評価が疎かになったり教育担当の経営陣・社員の工数を圧迫したりする可能性があります。そのため、人材育成の手法は「目的に合っているか」などを基準に選ぶようにしましょう。

まとめ

人材育成は、生産性を高めたり社員の離職を防止したりする上で有効な取り組みです。そのため、実施するに越したことはありませんが、企業によっては思わぬ課題に直面することがあります。
しかし、その課題がどのようなものなのか事前に把握し解決方法を考えておけば、大きな障害にはなりません。そのため、人材育成に取り組む際は、今回ご紹介した内容をぜひご参考にしてください。

この記事をシェアする

この記事の著者

sonarTimes 編集部
1000社以上にご導入された採用管理システム「sonar ATS」を展開。その知見をもとに、企業の採用・人事・経営にかかわるすべての人に最新の情報をお届けします。